ホワイトニングは3種類

審美歯科で行われているホワイトニングの3種類を紹介します。まず代表的なのがオフィスホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤をつけたあと、光照射することを数回繰り返します。約1時間で終了します。

次にポリリンホワイトニングです。これは歯を削ることなく、内部にまで浸透させることで非常に効果が高いと注目されています。痛みがないこともそうですが、ポリリンコーティング作用によって、エナメル質をしっかりと保護することが可能です。また、施術後すぐの食事ができるというのも特徴の一つです。こちらも約1時間で施術完了です。また、ポリリン酸が活躍することにより歯を白くするわけですが、歯質も強化することができますので、歯を痛めることがありません。

そして、ホームホワイトニングは、審美歯科の指導の元で、自宅でも歯をクリーニングしながら白くするためのものです。マウスピースは自分の歯型から作ります。指導の元とは言え、自分で行うものですから薬剤などが若干弱めになっていますし、白くなるまでに時間がそれなりにかかってしまいます。

ちなみに私は大阪在住なのですが、大阪でホワイトニング治療ができる歯科クリニックは多数ありあっても、この3種類の施術が全てできるクリニックは少ないような気がします。カウンセリングで自分に合った治療を選べるように、施術プランは多い方が良いでしょう。出来るだけ、この3種類のホワイトニング治療が全て出来るクリニックを探してみましょう。

白い歯を手に入れるためにいくつかの種類を説明しましたが、自分の予算や時間にあわせてどのメニューにするべきか相談してみるようにして下さいね。

審美歯科で歯を白くする

歯のホワイトニングを検討しているのであれば、歯をきれいに見せるために専門的な施術を行っている審美歯科に行くことをおすすめします。

審美歯科は、虫歯治療や歯石などの除去に保険が適応できるかどうか事前に確認してください。場合によっては、ホワイトニングのメニューに含まれているものもあるかもしれません。そうすれば保険適応外での扱いになってしまうので、この点が気になるようであればまずは虫歯や歯茎の治療を一般的な歯科医院で行っておくことをおすすめします。

それでは審美歯科ではどのようなホワイトニングがあるのか確認してみましょう。白くするだけなのに種類があるのかと思われるかもしれませんが、それぞれに特徴があり金額設定も大きく違ってしまいます。ご自分の予算や目的にあったホワイトニングを探すためにも知っておく必要があります。

まずは、どのメニューでも必ず実施することがあります。歯周病や虫歯などの口腔内に問題がないことが前提で行われます。歯の表面は皆さんが思っているほど平ではありません。凸凹としていることが多いのでしっかりと表面のクリーニングを行います。これをすれば歯がツルツルとしますし、見ただけできれいになっているのが確認できます。

ホワイトニングはどこでする?

芸能人は歯が命などと昔のテレビコマーシャルのようですが、いまでは一般市民の私たちでも人前に出る際には、歯並びを気にしたり、歯の色を気にする方が増えてきました。それだけ口腔ケアに対する意識が高まってきた現れではないでしょうか?このサイトでは、歯を白くするホワイトニングについてその種類や特徴などを説明したいとおもいます。

虫歯を治療して、歯石や歯垢の除去は定期的に行っているから安心している方もいらっしゃるのですが、歯の表面の色や明るさについては意識されたことがありますか?口腔ケアだけに集中していても全く問題ありませんし、むしろそちらの方が大切です。しかし、人前に出ることの多い営業の仕事をされている方たちや、テレビに出演する芸能人にとっては、ニコッと笑ったときに真っ白な歯が口元から見えると第一印象が格段にアップしますので、歯のホワイトニングはとっても重要なのです。

それでは歯のホワイトニングをする場合に一般的な歯科医院でも構わないのでしょうか?もちろん、口腔内に関する全ての治療をトータルで行っている歯科医院もあります。また、歯肉や歯など口腔内に関する美意識について追及している審美歯科もあるのです。どちらに通っても施術方法などについての大差はあまりありませんが、専門的な治療を行う審美歯科であれば、じっくりと落ち着いて対応してくれますので効果も得やすいのではないでしょうか?どちらを選択しても歯のホワイトニングは、虫歯の治療ではありませんので保険適応外だと認識しておくといいです。